【凱旋門賞】キセキの鞍上はスミヨン 凱旋門賞2度制覇の名手と悲願へ

[ 2019年9月5日 05:30 ]

キセキの鞍上に決まったC・スミヨン
Photo By スポニチ

 G1凱旋門賞(10月6日、パリロンシャン)に出走するキセキ(牡5=角居)の鞍上が、フランス所属のクリストフ・スミヨン(38)に決まったことが分かった。スミヨンは03年ダラカニ、08年ザルカヴァで凱旋門賞2勝を挙げ、12、13年は日本馬オルフェーヴル(共に2着)の手綱を取っている。

 キセキはすでに現地入りしており、前哨戦のG2フォワ賞(15日、パリロンシャン)に向けて1週前追いを消化。凱旋門賞をよく知る名手を確保し、日本馬の悲願へ挑むことになる。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年9月5日のニュース