【紫苑S】カレンブーケドール、切れ切れ12秒5 津村「動きが機敏になった」

[ 2019年9月5日 05:30 ]

サトノラディウス(左)と併せ追い切るカレンブーケドール(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 オークス2着のカレンブーケドール(国枝)は坂路で4F51秒9~1F12秒5。サトノラディウス(3歳2勝クラス)を3馬身追走し、鋭く伸びて1馬身先着した。騎乗した津村は「先週も時計は出ていたけど、この1週間でいい方向に変わった。仕掛けてからの動きが機敏になった。目標は秋華賞だけど、ここで恥ずかしくない競馬をして向かいたいと思う」と言葉を弾ませていた。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年9月5日のニュース