【大井・アフター5スター賞】ミカヅキ 史上初3連覇!断然人気に応えた

[ 2019年8月29日 05:30 ]

スポニチ盃アフター5スター賞3連覇を決めたキタサンミカヅキ(左から2頭目)(TCK提供)
Photo By 提供写真

 スポニチ盃「第26回アフター5スター賞」が28日、大井競馬場で行われた。単勝1・8倍の圧倒的1番人気に支持されたキタサンミカヅキが直線抜け出して優勝、このレース史上初の3連覇を達成した。同馬には「第53回東京盃」(G2、10月2日、大井)と「第30回テレ玉杯オーバルスプリント」(G3、9月12日、浦和)への優先出走権が与えられた。

 レース後、鞍上の森と北島三郎オーナー(82)が笑顔で並んだ。森は「ホッとしました。9歳という年齢や反応を心配して乗ったが、こんなに強かったとは…。馬に謝りたい」。前半の手応えが悪く、中団を追走しながら直線に懸ける競馬となったが、そこからが昨年の年度代表馬の底力。一完歩ごとに末脚を伸ばすと、ゴール前できっちり差し切った。

 今後は、ここでも3連覇の懸かる東京盃(10月2日、大井)を目指す。同レースは、藤田菜七子騎乗のコパノキッキングと今年4月の東京スプリント以来の再戦としても注目される。

 ◆キタサンミカヅキ 父キングヘイロー 母キタサンジュエリー(母の父サクラバクシンオー)牡9歳 船橋・佐藤賢二厩舎 馬主・大野商事 生産者・北海道日高町の広中稔氏 戦績60戦13勝(南関東16戦7勝)総獲得賞金3億6524万2000円。

続きを表示

この記事のフォト

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年8月29日のニュース