【新潟記念】追ってひと言

[ 2019年8月29日 05:30 ]

 ▼アクート(宗像師)無理せず追っていい動き。牧場でも乗り込んで帰厩後の調整も順調。体調はいいので期待。

 ▼クラウンディバイダ(天間師)動きはまずまず。前走はパドックからテンションが高かったので、その点が課題。自分で先手を取る形が理想。

 ▼クリンチャー(宮本師)予定通りに坂路で。春と変わらない出来に仕上がっている。

 ▼ケントオー(高橋一厩務員)馬場が重いと動かないタイプ。放牧明けで仕上がりは七分ぐらい。ここを使って良くなりそう。

 ▼サトノキングダム(国枝師)いい時計が出た。完成の域に近づいてきた印象で重賞でも好勝負を期待したい。

 ▼サトノワルキューレ(辻野助手)輸送も考慮して坂路で。大人の体つきになってきた。新潟の長い直線を生かせれば。

 ▼ショウナンバッハ(上原師)いつも通り気合をつけての追い切り。馬はいい感じ。条件が合うので、あとはこの馬の末脚が生きる流れになれば。

 ▼センテリュオ(高野師)前走は重量や位置取りが響いた。放牧明けだが仕上がりは良好。ただ、今回は牡馬相手になるので。

 ▼ダッシングブレイズ(斉藤崇師)少しずつ体調は上向き。折り合いがスムーズになってきたのはいい。

 ▼ユーキャンスマイル(友道師)暑さにも負けず順調。仕上がりは問題ない。直線が長い分、距離短縮を何とかカバーできないか。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年8月29日のニュース