【新潟記念】キャグニー 単走でも軽快11秒9「余裕ある」

[ 2019年8月29日 05:30 ]

 5月以来の実戦となるダイワキャグニーは菊沢師を背にポリトラックで5F67秒4~1F11秒9。単走馬なりで軽快な動きを見せた。自ら感触を確かめた師は「間隔は空いたけどいい動き。いい意味で余裕がある」とにっこり。全6勝を挙げている左回りで重賞初Vへ。「ハンデ(57・5キロ)は嫌だけど馬のリズムでいければ」と語った。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年8月29日のニュース