【札幌2歳S】武豊もうなる!ゴールド 父シップ譲りの潜在能力「将来性は十分」

[ 2019年8月29日 05:30 ]

札幌2歳Sでサトノゴールドに騎乗する武豊
Photo By スポニチ

 「インタビュールーム ウマい話あり」は札幌2歳Sでサトノゴールドに騎乗する武豊騎手を直撃した。

 ――サトノゴールドは父ゴールドシップと同じ函館1800メートル戦でデビューし産駒の初勝利を挙げた。父は所構わずにいななく悍(かん)馬だったが、この息子は?

 武豊「追い切りではキャンキャン鳴きながら走っていた。気性的にまだ幼い。良く言えば若さ満点。デビュー戦の時よりマシになったかもしれないが、それでもまだ本気で走っていない。もう少し真面目に走ってほしいね」

 ――新馬戦はそんなに不真面目だった?

 「走る以外のことに気が行ってしまって真面目に走ったのは最後の1Fくらい。素質だけで勝ったようなもの。いかにもゴールドシップという感じだった」

 ――新馬戦前の追い切りもゴールドシップの子らしかった?

 「クリストフ(ルメール)が乗った1週前追い切りでは隣の馬をかみつきにいったみたい。僕が乗った最終追い切りではムラっ気な部分を感じた。いかにもゴールドシップというのが分かるタイプ。どんな実戦になるのかは想像しづらかったが、それでも勝った」

 ――素質も父譲り?

 「潜在能力は高く、乗り味もいい。まだまだ伸びしろがありそうだし将来性は十分。今回の動きもデビュー時より素軽くなっていた。1回使った分の効果はある。ゴールドシップは札幌2歳Sで2着か?それなら(息子で)勝ちたいですね」

続きを表示

「2019 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2019年8月29日のニュース