【小倉2歳S】カイルアコナ 馬なり併入13秒0も「確かめる程度」

[ 2019年8月29日 05:30 ]

<小倉2歳S>川田騎乗のカイルアコナ(左)はパーティナシティと併せて坂路で追い切る
Photo By 提供写真

 小倉2歳S組の注目は新馬戦で2着馬を4馬身ちぎったカイルアコナ(牝=高橋忠)。最終追いは川田が乗って坂路へ。パーティナシティ(3歳未勝利)を3馬身追走。馬なりで4F57秒0~1F13秒0をマークし、楽に併入した。

 高橋忠師は「馬場も良くなかったし輸送もあるので感触を確かめる程度」と意図を説明した。キンシャサノキセキ産駒は、この舞台が得意。祖母は04年函館2歳S覇者アンブロワーズ。早い時期から仕上がる血統馬が連勝での小倉チャンプを狙う。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年8月29日のニュース