【札幌2歳S】ディアセオリー わずかに遅れも大丈夫「動けていた」

[ 2019年8月29日 05:30 ]

 ディアセオリーはダートコースでスズカロング(5歳2勝クラス)の2馬身後ろから差を詰めたが、わずかに遅れてゴール。手綱を取った藤岡佑は「調教駆けする相手だけに遅れは気にならない。この馬も動けていたし体もできている」と感触は悪くない。「フットワークは雄大で乗りやすい。ここは試金石の一戦」と語った。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年8月29日のニュース