【梅ちゃん先生 特別編】25日札幌11R ロンドンで堅い

[ 2019年8月25日 08:00 ]

 キーンランドCはタワーオブロンドン狙い。追い切りの直後、主戦・ルメールが驚いた顔を浮かべながら引き揚げてくる。「反応が凄く良くなったね。先週の動きとは全然違う。それに、尻と肩にますます筋肉がついてボディービルダーみたいになった。スプリンターの体形だね」

 前走・函館スプリントS(3着)は禁止薬物騒動による出走除外で7頭立てになり、ペースが落ち着いたのが響いた。「仕掛けてからエンジンがかかるまでちょっと時間がかかる。小回りで落ち着いた流れになると厳しい」と振り返る藤沢和師。「デビュー時からルメールは“1200メートルを使え”って言ってきたんだから、いまさら短いととは言わせない(笑い)」と続けた。ルメールも「札幌は函館より直線が少し長くなる分、追い込みやすい」と3度目の重賞制覇に手応えをつかんでいた。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2019年8月25日のニュース