国内最長寿サラブレッド 40歳シャルロット死す、老衰

[ 2019年8月5日 05:30 ]

元競走馬のシャルロット=5月長野県佐久市
Photo By 共同

 サラブレッドの国内最長寿記録をつくったシャルロット(牡、競走名アローハマキヨ)が3日午後、老衰のため繋養(けいよう)先のスエトシ牧場(長野県佐久市)で死んだ。40歳。14年に3冠馬シンザンが持っていたサラブレッド長寿記録(35歳3カ月)を抜き、人間に換算すると100歳を超えていた。

 同馬は1979年5月、北海道静内町(現在の新ひだか町)で生まれ、85年まで大井競馬などに出走。引退後は乗馬用の馬として複数の馬主や乗馬クラブを転々とした後、スエトシ牧場に移った。3日朝に馬房の中で起き上がれなくなっており、鎮静剤と麻酔を投与した上で安楽死処分が取られた。同牧場の藤原直樹代表(54)は「病気もケガもなく馬の友達もたくさんいた。いい馬生だったのでは。寂しいが、拍手で送ってあげた」と話した。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2019年8月5日のニュース