【レパードS】ルーヴル2着 一度は先頭も粘り切れず

[ 2019年8月5日 05:30 ]

<レパードS>重賞初制覇となった白毛馬のハヤヤッコ(左)=撮影・村上 大輔
Photo By スポニチ

 1番人気デルマルーヴルは、中団の内を通って抜け出しいったんは先頭に立ったが、外からハヤヤッコに差されて首差2着。吉田隼は「内々を回る形で手前もスムーズに替えてくれたが、ポジションを取りに行った分、最後に甘くなった。力のあるところは見せたが、勝ち馬が今日は強かった」と振り返った。次走は未定も、戸田師は「手前を替えてくれたのは収穫。ワンターンの東京は現状は合わないと思うので、交流などを視野に考えたい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2019年8月5日のニュース