ラウンドワン社長 2億7000万円含む億超え3頭を落札

[ 2019年7月9日 05:30 ]

セレクトセール2019初日 ( 2019年7月8日    北海道苫小牧市 ノーザンホースパーク )

<セレクトセール1歳>2億7000万円で競り落とされたハーツクライ産駒のシンハティーバの18牡(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 (株)ラウンドワンの杉野公彦社長がブリーズアップセール、千葉サラブレッドセールに続いて参戦し、億超えの3頭を落札した。エタリオウの半弟となるホットチャチャの2018(牡、父ダイワメジャー)を1億7000万円、シンハライトのおいとなるシンハディーパの2018(牡、父ハーツクライ)を2億7000万円で落札すると、最後はアヴェンチュラやトールポピーのおいとなるエンジェルフォールの2018(牡、父ロードカナロア)を1億5000万円でゲット。見事ストライクといくか。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2019年7月9日のニュース