ABCマート三木最高顧問 ドキドキ初参加、牝馬3頭落札

[ 2019年7月9日 05:30 ]

セレクトセール2019初日 ( 2019年7月8日    北海道苫小牧市 ノーザンホースパーク )

<セレクトセール1歳>1億2500万円でロードカナロア産駒のシャンドランジュの18牝を落札した(左から)ABCマートの三木正浩最高顧問、田中博調教師、北村友騎手(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 靴や衣料品のチェーン店を展開している(株)ABCマートの創業者で最高顧問を務める三木正浩氏(63)が牝馬3頭を落札した。

 馬を買うのは初めて。友人の横浜FCの伊野波から北村友を紹介されたことで馬主に。「昔から馬が好きで、乗ったりもしていたんだけど、セリは初めて。勝手が分からなかったです」と笑顔で振り返った。

 テーブルロンドの2018(牝、父キングカメハメハ)を6600万円、ビキニブロンドの2018(牝、父スクリーンヒーロー)を3000万円、シャンドランジュの2018(牝、父ロードカナロア)を1億2500万円で購入。

 友人の里見治オーナーからは「まずは馬を見ること」とアドバイスを受けたが、「見ても分からないですね」と明かし、「馬主デビューは1年後か2年後、まだ想像がつかないですね」と夢見心地だった。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2019年7月9日のニュース