「サトノ」里見氏 少なめ3頭、最高額は2億5000万円

[ 2019年7月9日 05:30 ]

セレクトセール2019初日 ( 2019年7月8日    北海道苫小牧市 ノーザンホースパーク )

<セレクトセール1歳>2億5000万円で競り落とされたキングカメハメハ産駒のベルワトリングの18牡(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 冠名「サトノ」の(株)サトミホースカンパニーは例年に比べて少ない3頭の購入となった。里見治オーナーは「今年は本当にこれがいいという馬に絞りました」と経緯を明かす。最高価格はベルワトリングの2018(牡、父キングカメハメハ)で2億5000万円。「2億ぐらいで買えればと思ったが、プラス5000万円になっちゃった」と予算オーバーに苦笑いしながらも「もちろんダービーが目標」と力強く語った。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2019年7月9日のニュース