初の総落札額100億円超、平均価格は過去最高4834万円

[ 2019年7月9日 05:30 ]

セレクトセール2019初日 ( 2019年7月8日    北海道苫小牧市 ノーザンホースパーク )

<セレクトセール1歳>3億6000万で競り落とされたディープインパクト産駒のミュージカルウェイの18牡(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 1歳セリは239頭が上場されて222頭が落札。総落札額は史上初の100億円超えとなる107億3200万円を記録した。売却率92・9%、1頭当たりの平均売却価格4834万円も過去最高。ノーザンファーム生産馬の高額取引が例年以上に目立ち、売却率は100%。日本競走馬協会理事でノーザンファーム代表の吉田勝己氏は「驚きしかないです。声を掛ける人の数、回数が多く、“本当のセリ”が見られましたね」と笑顔で分析した。

続きを表示

「2019 有馬記念」特集記事

「暮れの中山の名物レース 中山大障害」特集記事

2019年7月9日のニュース