【船橋・京成盃Gマイラーズ】ベンテンコゾウ逃げ切りV

[ 2019年6月20日 05:30 ]

京成盃グランドマイラーズを快勝したベンテンコゾウ
Photo By スポニチ

 「第22回京成盃グランドマイラーズ」(S3)が19日、船橋競馬場で行われた。1番人気のベンテンコゾウが逃げ切り優勝。通算重賞8勝目、南関東では初のタイトルとなった。同馬には「第40回サンタアニタトロフィー」(S3、7月31日、大井)への優先出走権が与えられた。

 スタートを決めると積極的にハナを奪った御神本。「いいペースに持ち込めた」と振り返ったように、前残りの馬場もきっちり味方につけて、リコーワルサーを2馬身半突き放して先頭でゴール。

 このレースに「勝負を懸けていた」と言う川島一師も笑いが止まらない。「オーナーと南関東のタイトルを獲ろうと約束していた。地元の船橋でそれができたし凄くうれしい」。今後は未定だが、まだ5歳。さらにパワーアップして新たなタイトル獲りに突き進んでいく。

 ◆ベンテンコゾウ 父サウスヴィグラス 母スタートウショウ(母の父スキャターザゴールド) 牡5歳 船橋・川島正一厩舎 馬主・大久保和夫氏 生産者・北海道新ひだか町の土田和男氏 戦績22戦16勝(南関東7戦6勝) 総獲得賞金7028万円。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2019年6月20日のニュース