【日曜阪神5R新馬戦】シルヴェリオ破格の攻め時計

[ 2019年6月20日 16:18 ]

 芝1800メートルで争われる日曜阪神5R。調教の動きならハーツクライ産駒シルヴェリオ(牡=池添学)が筆頭か。1週前のCWは併走で7F98秒1~ラスト1F11秒8の猛時計を刻んで驚かせた。「カイバ食いが落ちることもないし攻め馬でへこたれることもない。ポテンシャルが高い。まだこれから成長すると思う」と池添学師は大きな期待を寄せる。

 490キロ台あるという雄大な馬体も大物の風格。4歳違いの半兄シルバーステート(父ディープインパクト)は未勝利から4連勝でオープン入りを果たしながら脚部不安で惜しまれて引退(その後、種牡馬入り)。兄の夢を弟が引き継ぐ。鞍上はC・ルメールだ。 

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2019年6月20日のニュース