【宝塚記念】リスグラシュー12番 大外も道悪も問題なし

[ 2019年6月20日 18:08 ]

 東京G1は内枠有利の傾向があったが、宝塚記念は外枠の成績も悪くない。どころか8枠が13から17年5連勝するなど、むしろ好成績だ。

 大外(12)番となったリスグラシューだが、安藤助手は歓迎。「ゲートの中が悪いから最後入れはいい。ガタガタする前にスタートを切れると思います」と話す。状態に関しては「ハードワークを避けて、理想通りにこれました。多少の道悪になっても問題ないと思います」と下り坂の天候も意に介さない。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2019年6月20日のニュース