【函館SS】追ってひと言

[ 2019年6月13日 05:30 ]

 ▼アスターペガサス(中竹師)いい動きだった。前走を見ても、やはり1200メートルが合っている。

 ▼カイザーメランジェ(粕谷助手)きつい攻め馬になったが負荷をかけられる状態。好調キープで洋芝も合う。

 ▼サフランハート(対馬助手)勝浦騎手に任せ上手に乗ってくれた。状態も上がっている。

 ▼ダイメイフジ(松岡)元気が良く、前走より動きに柔らかみがあって全体のバランスもいい。

 ▼タマモブリリアン(南井師)菱田が“ゲートからやってみたい”と言うのでダートで。掛かる馬だが動きは問題なかった。得意な洋芝で期待。

 ▼トウショウピスト(横山和)ブリンカーを着けて追い切った。先週まではおっとりしていたのがピリッとした。

 ▼ペイシャフェリシタ(岩田康)素直で乗りやすい。はまれば切れる印象を受けた。

 ▼ユキノアイオロス(石毛師)先週しっかりやったので今週はサラッと。洋芝適性もある。13日に美浦を出発して函館へ。

 ▼ライトオンキュー(昆師)中身重視の追い切り。外を回って負荷をかけることができた。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「ユニコーンS」特集記事

2019年6月13日のニュース