【ユニコーンS】ヴァイトブリック、遅れも及第点の走り

[ 2019年6月13日 05:30 ]

<ユニコーンS・追い切り>3頭併せで追い切るヴァイトブリック(左)(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 兵庫チャンピオンシップ2着のヴァイトブリックはWコースで5F69秒5~1F13秒3(いっぱい)。3頭併せで1馬身半遅れたが、かなり追走したもので及第点。和田正師は「コントロールも利いていたし、しっかり負荷をかけられた。競馬場を問わずにソツなく走っている。ここでも楽しみ」と期待した。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2019年6月13日のニュース