【函館SS】リナーテ、須貝師「洋芝合う」成長に手応え

[ 2019年6月13日 05:30 ]

 リナーテは昨夏に続く函館滞在。京王杯SC2着後、放牧を挟んで順調に稽古をこなしている。追い切りは芝コース単走で5F66秒8~1F11秒6と素軽い動き。

 須貝師も「雰囲気を確かめる程度。状態はいい」と好感触だ。「去年この舞台で勝ったように洋芝は合っている。あの頃より馬がしっかりした。競馬も上手になっている」。サトノダイヤモンド(16年菊花賞、有馬記念)の半妹に当たる良血馬の成長をアピールしていた。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「ユニコーンS」特集記事

2019年6月13日のニュース