【宝塚記念1週前追い】軽快レイデオロ、ルメール大絶賛

[ 2019年6月13日 05:30 ]

<宝塚記念・1週前追い>C・ルメールを背に併せで追い切るレイデオロ(左手前)(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 「第60回宝塚記念」(23日、阪神)ファン投票で2位選出されたレイデオロ(牡5=藤沢和)が1週前追い切りで軽快なフットワークを披露した。

 主戦・ルメールがレイデオロの鞍上で白い歯を浮かべている。Wコースで3馬身先行したラボーナ(5歳2勝クラス)の内から馬なりで併入した。「乗り味抜群です。フットワークも完璧。すっかりリラックスしているのも心強い。さすが藤沢和厩舎ですね」。函館出張中の厩舎の主が耳にすれば「ゴマをするな」と苦笑いするような美辞麗句を並べる。「ただし、難しい舞台です。反応するのに時間がかかるから阪神の内回りはどうか。(外回りの)神戸新聞杯を勝ったくらいでは安心できません。いいペースが必要になります」とクールに分析した。

 さらに「ドバイ(シーマクラシック6着)は掛かっていたから参考外。2年連続であれほど掛かるのだからナイトレースが嫌いなのかも。日本の昼間の競馬なら折り合えます」と付け加えた。好感触であることは間違いない。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2019年6月13日のニュース