【津・G1つつじ賞王座決定戦】菊地、笑顔こぼして「やればできる!」

[ 2019年5月15日 05:30 ]

 菊地が舟足の劣勢をはねのけて優勝戦進出を決めた。準優10R、5コースから鋭いまくり差しを放って突き抜けた。ピットに上がると「やればできる!!」と笑みがこぼれた。「足(の上積み)はいいやと思って調整した」。掛かりだけはつけ、戦える状態にした格好だ。優勝戦は3号艇発進。「1度あったことは2度あると思っていく」と力を込めた。下関一般戦、浜名湖GW戦と連続優勝中。勢いに乗って今年2月の浜名湖東海地区選以来、自身12度目となるG1制覇といきたい。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2019年5月15日のニュース