【オークス】藤沢和厩舎2頭とも順調

[ 2019年5月15日 05:30 ]

 藤沢和厩舎は2頭出し。フラワーC1着のコントラチェックは坂路4F64秒0で力強くキャンター。藤沢和師は「お姉さんのバウンスシャッセ(14年オークス3着)と違って、こちらは素軽い。距離はみんな初めてだからね。王道(桜花賞)を使った馬は強いけど、レーンとは折り合えると思う」と前向き。桜花賞9着シェーングランツも坂路で4F68秒3。「前走で減った体は戻りつつある」と巻き返しを託した。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2019年5月15日のニュース