【平安S】パフューム反撃へ!安田翔師、順調アピール

[ 2019年5月15日 05:30 ]

Cウッドでキャンター調整するオメガパフューム
Photo By 提供写真

 「第26回平安S」(18日、京都)で反撃を期すのがG1馬オメガパフューム。暮れの東京大賞典を勝ち、4走前には当舞台のJBCクラシックで2着。今年初戦のフェブラリーSは10着と崩れたが、安田翔師は「前走は自分のリズムで走れなかったが、このコースは走っているし、問題ないと思う」と前向きだ。ここを使って帝王賞(6月26日、大井)に向かう予定。「間隔を空けてリフレッシュさせ、体は増えている。順調にきているし、59キロもいい経験になるのでは」と力を込めた。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2019年5月15日のニュース