【オークス】ウィクトーリア、母娘G1制覇へ“意外性の血”が騒ぐ

[ 2019年5月15日 05:30 ]

ウィクトーリア
Photo By スポニチ

 オークスで母娘G1制覇がかかるのがウィクトーリア。08年秋華賞馬の母ブラックエンブレムはオークスでは4着だったが、連勝中の勢いで母よりひと足早いG1制覇を狙う。

 火曜は坂路で4F58秒7~1F14秒7。伸び伸びと軽快に駆け上がった。「元気いいです。大丈夫ですね。あえて全休明けで山(坂路)というのも帰厩後間もないので、今週でつくるということです」。自ら手綱を取った小島師は肌に伝わる感触を大切にして、穏やかに切り出した。

 前走・フローラSは見事な差し切りV。ただ優先出走権をつかんだオークスに即ゴーサインが出なかった。500万下V後に「結構ガタガタになって、無理せずラジオNIKKEI賞という話もあったぐらい」。繋(つなぎ)が立っているため一戦ごとの消耗が激しいタイプ。ノーザンファーム天栄(福島)への短期放牧から8日に美浦に戻し、細心の注意を払ってきた。師は「美浦の獣医さんは大丈夫と…。牧場の方も“2走前より疲れは軽かった”と言ってくれた。いい状態で持っていけそう」と前向きに話した。

 母ブラックエンブレムは厩舎に初重賞(08年フラワーC)と初G1をもたらした功労馬。兄姉5頭も全て師が管理するゆかりの血統だ。だからこそ大事に育ててきた。「お母さんと一緒で本当に良くなるのは秋かもしれない」と先々の夢を膨らませた上で、眼前の大舞台に夢をはせた。

 「オークス、オークス…と頑張ってきたわけではないけど、途中からいい方向にコロコロ変わった。馬もそれだけ良くなっているんだと思う。距離?作戦も含め、戸崎ジョッキーにお任せです」。逃げ想定だったフローラSは指揮官も衝撃!?の一気差し。思えば母の秋華賞Vも11番人気での激走だった。2連勝で急浮上の“意外性の血”が大一番で花開いても、誰も驚かない。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2019年5月15日のニュース