【オークス】ダノンファンタジー、距離がポイント

[ 2019年5月15日 05:30 ]

坂路でキャンター調整するダノンファンタジー
Photo By 提供写真

 2歳女王ダノンファンタジーは、12日に実質的な最終追い(CWコース6F81秒8)を済ませた。中内田師は「明日(15日)はそんなにやらなくていいかな。今回は距離がポイントになるが、馬は落ち着いているので今の雰囲気ならこなせると思う」と感触を口にする。桜花賞は1番人気で4着。「(勝ち馬を)最初に追いかけた分、2、3着馬には差されたが、よく走っていると思う。何とかいい結果が出れば」と反撃に燃えている。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「ユニコーンS」特集記事

2019年5月15日のニュース