武豊もイチローの勇姿を見届けた 東京Dで生観戦

[ 2019年3月23日 05:30 ]

武豊
Photo By スポニチ

 武豊が、オリックス時代から親交の深いイチローの現役最終戦となった21日のアスレチックス―マリナーズ戦(東京ドーム)を生観戦したことを明かした。

 「イチロー選手の勇姿をこの目に焼き付けてきました。ファンの歓声が限界を超えるボルテージに達すると、こんなに凄いことになるんだな…と思い知らされました」と球場の雰囲気に圧倒されたといい、「球場にいる全ての人間がイチローだけを凝視しているようで、チームメートや対戦相手が彼をリスペクトしているのが何度も伝わってきました」と続けた。

 試合後は一緒に観戦した仲間と、それぞれが「イチローを語る会」の食事会を開催。「僕の引退の話題にもなりましたが、当事者がいまだに想像とイメージができないんだから話は長続きしませんでした」と苦笑。同時期にイチローとともにスポーツ界に身を置いてきた幸せを改めて感じ、「JRA通算勝利でイチロー(の日米通算安打数)超えを目標にします」と誓った。

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2019年3月23日のニュース