【日経賞】傾向と対策

[ 2019年3月23日 05:30 ]

 過去10年の結果(11年は阪神開催)から傾向を探る。

 ☆オッズ 単勝オッズ2・9倍以下の馬が【3・1・1・3】と優勢。次点で5~6・9倍の馬が【3・2・2・6】と活躍している。

 ☆前哨戦 前走でジャパンC、有馬記念、AJC杯、日経新春杯を使った馬が7勝。昨年は1600万組がワンツーを決めたが、基本的には前述4競走を走った馬を優先。

 ☆所属 馬は美浦組4勝、栗東組6勝。騎手で見ると美浦が【6・5・6・88】、栗東【4・5・4・15】。勝ち数こそ美浦組が優勢だが、好走率は圧倒的に栗東組。

 結論 ◎ルックトゥワイス ○メイショウテッコン ▲クリンチャー

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2019年3月23日のニュース