【高松宮記念】(1)スノードラゴン 周りより自分のリズムで

[ 2019年3月23日 05:30 ]

 フェブラリーSに続くG1連続騎乗となる菜七子のスノードラゴンは最内枠の1枠1番に入った。中京競馬場が改修された12年以降、1枠は連対が皆無。それでも、菜七子は「どの枠でも問題ないと思っていたので、1番でも大丈夫。昨日、高木先生(調教師)と“出たなりで競馬をしよう”と話したので、周りの出方というよりも、自分の馬のリズムを崩さないように走りたい」とレースプランを口にした。また、ファンの間では「引退したイチローの故郷・愛知県でのG1」にちなみ、(1)―(6)のサイン馬券が話題になっている。

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2019年3月23日のニュース