デビュー間近 競馬界の“マッケンユウ”はかわいい系 ゲートの速さに自信

[ 2019年1月26日 11:30 ]

マッケンユウ
Photo By スポニチ

 千葉真一を父に持つ新田真剣佑は第40回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞、国宝級イケメンランキングで1位を獲得するなど、今をときめく若手俳優だ。そのルックスから女性に絶大な人気を誇る。彼は競馬とは全く無縁だろうが、池添兼厩舎から“マッケンユウ”のデビュー戦が近づいている。今後、活躍するようなことになれば競馬に興味がない女性も感心を持つかも知れない…。池添兼師に話を振ってみた。すると…。

 「誰? マツケンサンバ(松平健)の子供か?」

 66歳のトレーナーには“ストライクゾーン”ではなかった様子。これではいかん!と厩舎に出向き担当者の領田助手に取材した。

 「真剣佑さんは男前ですけど、こっちのマッケンユウはかわいい系ですね。それに気難しい気性から昨年10月に去勢しました。その後は大分、真面目になった。攻め馬での乗り味はいいし、素質は感じますよ」

 注目するのは馬名だけではない。血統背景もしっかりしており、母のきょうだいにはデスペラード(G23勝)がいる。「現状でも水準の動きは見せているし、ゲートの速さには自信があります。抽選で漏れたりしているけど、その分乗り込めた。どこまでやれるか楽しみですね」と話した。グランプリボス産駒は先週、待望のJRA初勝利を飾った。この勢いに続きたいところだったが、抽選漏れで今週の出走は叶わず。競馬界を盛り上げる存在になるだろうか…。デビュー戦が待ち遠しい。

続きを表示

この記事のフォト

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年1月26日のニュース