【クロッカスS】1番人気ディキシーナイト差し切り快勝 国枝厩舎、東西で“特別戦連勝”

[ 2019年1月26日 15:51 ]

 東京10Rの3歳リステッド競走クロッカスS(芝1400メートル)は、1番人気ディキシーナイト(牡=国枝、父ダイワメジャー)が中団から差し切って快勝した。

 騎乗したマーフィーは「メンバー的に力が上だった。厩舎が馬具を工夫してくれて真っすぐ走ってくれた。まだまだ強くなる。距離はもっとあった方がいい」と振り返った。次走は未定だがニュージーランドT(4月6日、中山)などが候補に。国枝厩舎は直前の京都9R・梅花賞もサトノラディウスで制し、東西で期待の3歳が特別戦“連勝”となった。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2019年1月26日のニュース