【府中牝馬S】ソウルスターリング、ヨレる癖も修正

[ 2018年10月11日 05:30 ]

ウッドチップコースで追い切るソウルスターリング(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 クイーンS3着のソウルスターリングはWコースで単走。4F54秒3〜1F12秒6(馬なり)を計時。伸びやかなフォームで駆け抜けた。藤沢和師は「夏に1回使っているので調整は楽だった。ヨレる癖も修正できている。今回のレース内容で今後が決まってくると思う」。昨年5月オークス以来の復活白星はなるか。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2018年10月11日のニュース