【中山金杯】傾向と対策

[ 2015年1月4日 05:30 ]

 過去10年の結果から傾向を探る。

 ☆前走 1800~2000メートルの重賞が理想。G1の場合は条件が合わず大敗した馬の巻き返しに注意。

 ☆年齢 連対20頭中16頭が5~7歳。軸馬はこの中から選択するのがベター。

 ☆ハンデ トップハンデ馬が2年連続優勝中。通算でも4頭が勝っており、実力を素直に信頼する手も。

 ☆間隔 18頭が前年の11月以降に出走。極端な休み明けは割引が必要。

 ☆馬番 (4)が3勝2着1回。正月競馬は縁起も担ぎたい。

 結論 ◎ロゴタイプ ○ラブリーデイ ▲デウスウルト

続きを表示

「2020 大阪杯」特集記事

「ダービー卿CT」特集記事

2015年1月4日のニュース