【中山3R新馬戦】オトコギイッポン、逃げ切りデビュー勝ち

[ 2015年1月4日 11:03 ]

 メイクデビュー中山は4日、中山競馬場4R(ダート1800メートル・晴良)で行われ、江田照男騎乗の6番人気、オトコギイッポン(牡3=金成厩舎、父キングヘイロー、母ビクトリーステップ)が鮮やかな逃げ切りでデビュー戦を飾った。勝ち時計は1分59秒5。

 ほぼそろったスタートから好ダッシュのオトコギイッポンがハナを奪い、2番手に1番人気のワイルドダンサー、3番手をピサーロとナロウゲートが争う展開。

 4コーナーから直線に入ってもオトコギイッポンのスピードは衰えず、懸命に追い上げるワイルドダンサーに1馬身1/4差をつけて逃げ切った。さらに1馬身1/2差の3着には後方でレースを進め、直線外から追い上げたカラマが入った。

続きを表示

「2020 大阪杯」特集記事

「ダービー卿CT」特集記事

2015年1月4日のニュース