展開を読む【中山9R=ハイペース】

[ 2015年1月4日 05:30 ]

 トミケンユークアイが先手候補。エビスグレイト、ロードフォワード、ベルプラージュなど先行型も多く、速くなる可能性も。中団待機のハイパーチャージ、フジマサエンペラーには悪くない流れ。サウンドトゥルーなど後方組の出番も十分。

続きを表示

「2020 大阪杯」特集記事

「ダービー卿CT」特集記事

2015年1月4日のニュース