返還艇や3連単不成立発生時 選手会の意向で副賞は辞退

[ 2014年5月21日 05:30 ]

 SG5競走とクイーンズクライマックスではメダルや賞金などの副賞が追加されたが、優勝戦において返還艇や3連単不成立が発生した場合は、選手会の意向により副賞は辞退される。

 したがってフライングや出遅れなど事故が起きた時は、優勝戦の1着賞金がグランプリ9000万円、残るSG4競走3000万円、クイーンズクライマックス800万円と減額。メダルの授与も行われない。なお、副賞辞退の対象となるのは6競走のみで、グランドチャンピオンやオーシャンカップで返還艇や3連単不成立が発生しても賞金が減らされることはない。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「ユニコーンS」特集記事

2014年5月21日のニュース