【オークス】フォーエバーモア 前でスムーズな競馬を

[ 2014年5月21日 05:30 ]

 フォーエバーモアは12頭が縦列でダートコースを回る集団調教の真ん中で、ゆったり脚を伸ばした。鹿戸雄師は「気持ち良さそうに走っている。距離が延びるから他馬の後ろで折り合う稽古を繰り返してきた」と語る。桜花賞(8着)ではスタート直後に進路をふさがれて手綱を引っ張るアクシデント。「スムーズならハープスターとの差を詰められるはず。ペースが遅くなりそうだから、正義(蛯名)もある程度前で競馬をするはず」と桜花賞の雪辱を期していた。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2014年5月21日のニュース