【川口・開設記念】荒尾2着にニッコリ「走れるようになった」

[ 2014年1月28日 05:30 ]

マシンの不調に泣かされていた荒尾だが、3日目から急上昇し準決も期待大だ

 荒尾が目を覚ました。昨年末のスーパースター王座決定戦のファイナリストは、2日目まで「ドドドが本当にひどい。ギブアップ」とお手上げ状態だったが、3日目8Rは最重ハン大外から追い込んで2着。「走れるようになった」と笑顔を浮かべた。4日目9R準決勝戦に向け「エンジンも出ていないので調整する」。持ち味のスタート力は健在。トップレーサーの貫禄を示す。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2014年1月28日のニュース