【シルクロードS】マジンプロスパー やや太めも実績最上位

[ 2014年1月28日 05:30 ]

 マジンプロスパーの前走・阪神Cは好位の外、理想的な位置で運びながら、あっさり失速して12着。柴田厩務員は「状態がどうもないのに走らなかったのは初めて。もしかしたら走る気がなくなったのかも」と首をかしげる。その後は厩舎で調整。「時季的なものもあるが、先週で520キロくらい(前走510キロ)あって少し太い。ただ、それでもここで結果を出したい」と実績最上位の底力に期待した。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2014年1月28日のニュース