【シルクロードS】プレイズエターナル「ここでも」陣営手応え上々

[ 2014年1月28日 05:30 ]

 プレイズエターナルはオープン昇級後も2、4、3着と大崩れなし。前走・ラピスラズリSは直線でスムーズさを欠いたのが痛かった。「もうワンパンチなんだが…。展開ひとつで何とかなる力はある」と佐藤厩務員。前走は10キロ減の474キロだったが、「輸送で減ったのは予想通り。調子は変わらずいいので、ここでも」と上々の手応えだった。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2014年1月28日のニュース