金子が初の最優秀選手 女子は石井寛、競輪表彰

[ 2014年1月28日 17:57 ]

 JKAは28日、競輪の2013年最優秀選手賞に、初出場の「KEIRINグランプリ」を制して初の賞金王に輝いた金子貴志(愛知)を初選出した。優秀選手賞はG1決勝で2着4度など安定感が光った深谷知広(愛知)が2年ぶり2度目の受賞となった。

 その他の表彰選手は次の通り。

 優秀新人選手賞 竹内雄作(岐阜)▽特別敢闘選手賞 後閑信一(東京)▽特別功労賞 田前義守(三重)▽ガールズ最優秀選手賞 石井寛子(東京)▽同優秀選手賞 中村由香里(東京)加瀬加奈子(新潟)

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2014年1月28日のニュース