【小倉新馬戦】ダンツブロード 豪快差し切り、藤懸「強い内容」

[ 2013年8月11日 06:00 ]

 10日の小倉5R新馬戦(芝1200メートル)は、2番人気のダンツブロード(牡=山内、父マイネルラヴ)が豪快に差し切り勝ち。藤懸は「コーナーで4、5頭外を回らされたが、最後まで反応は鈍らなかった。着差以上に強い内容でした」と笑顔で振り返った。2着に3馬身差をつけて流す余裕を見せたが「抜け出してからフワフワしているところがあった。真面目に走るようになれば今後も楽しみですね」と将来性を高く評価していた。次走は未定。

続きを表示

「2019 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2013年8月11日のニュース