【女子王座決定戦】金田が初進出でG1初制覇

[ 2013年8月11日 18:08 ]

 ボートレースの第27回女子王座決定戦(G1)最終日は11日、徳島県の鳴門ボートレース場で優勝戦(1800メートル、3周)を行い、金田幸子(岡山)が初めて進出したG1優勝戦を1分47秒1で制し、賞金1千万円を獲得した。

 4コースからトップスタートを切った金田は1周目1マークで豪快なまくりを決めて先頭に立ち、そのまま悠々と逃げ切った。2着は5コース進入の地元の浅田千亜希(徳島)、1コース進入の平山智加(香川)が3着だった。

 払戻金は2連単が(4)―(5)で6270円、3連単は(4)―(5)―(1)で2万1420円。

続きを表示

「2019 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2013年8月11日のニュース