【中山GJ】ブラックステアマウンテン アイルランドからの参戦馬がV!

[ 2013年4月13日 16:15 ]

 第15回中山グランドジャンプ(J・G1、芝4250メートル・晴良16頭)は13日、中山競馬場11Rで行われ、ウォルシュ騎手騎乗の8番人気、ブラックステアマウンテン(セン8=マリンズ厩舎、父インペリアルバレット、母シックスヒルズ)が優勝した。勝ち時計は4分50秒5。

 レースはシゲルジュウヤクが先頭にたち、2番手にビービースカット、3番手にトーセンオーパスがつける展開。
 
 4角までシゲルジュウヤクが先頭を進むが、アイルランドから参戦のブラックステアマウンテンがポジションを上げ先頭に並びかける。

 直線でブラックステアマウンテンが粘るシゲルジュウヤクを捉え最終障害をクリアすると、外から鋭く追い込んだリキアイクロフネを半馬身差つけて優勝した。

 2着リキアイクロフネから1馬身1/4差の3着にはシゲルジュウヤクが入った。メルシーモンサン、カピターノ、ゴールデンガッツは競争中止となった。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2013年4月13日のニュース