【皐月賞】ミヤジタイガ 坂路でゆったり、立ち回れればチャンス

[ 2013年4月13日 06:00 ]

 弥生賞2着のミヤジタイガは坂路をゆったりと4F69秒0。制御の利いた走りで好調そのものだ。「追い切った後も変わりなく順調にきた」と岩元師。「中山は内が荒れてきたが、それでも外を回らされるよりはいいからね」と内めの6番枠も歓迎。「ジョッキー(柴田善)が中山をよく知っていることは大きいし、馬も経験している。上手に立ち回ってくれればチャンスは十分ある」と力強かった。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2013年4月13日のニュース