PR:

【2000年4月】あなたのキスを数えましょう/失恋直後にレコーディングして大ヒット

ライブで熱唱する小柳ゆき
Photo By スポニチ

 ★00年4月ランキング★
1 Stay by my side/倉木麻衣
2 TSUNAMI/サザンオールスターズ
3 Deep Impact/Dragon Ash feat.ラッパ我リヤ
4 黄色いお空でBOOM BOOM BOOM/黄色5
5 赤い日記帳/あか組4
6 Love,Day After Tomorrow/倉木麻衣
7 gravity/LUNA SEA
8 あなたのキスを数えましょう/小柳ゆき
9 SHOCK HEARTS/THE YELLOW MONKEY
10 Goodbye Yesterday/今井美樹
注目 忘却の空/Sads
※ランキングは当時のレコード売り上げ、有線放送、ラジオ、テレビのベストテン番組などの順位を参考に、話題性を加味してスポニチアネックスが独自に決定。

【あなたのキスを数えましょう/小柳ゆき】

 失恋直後にレコーディングしたデビュー曲。まずは有線放送から火が付き、時間をかけてジワリジワリとヒットチャートの上位に。気が付けば120万枚を超えるミリオンセラーになっていた。サブタイトルの「You were mine」(あなたはわたしのものだった)が、失恋した後の状況を図らずも表しているのが印象的だ。

 高校3年の9月にデビュー。見た目は当時の典型的な女子高生のスタイル、いわゆる「コギャル」だったが、その歌唱力は度肝を抜いた。音楽的な知識もほとんどなく、決して洗練はされてはいなかったが、歌声はソウルフルで力強さがあり、聞く者の魂を揺さぶる、とても新人とは思えない、堂々たるものだった。

 埼玉出身。小学生の時から歌が好きで、あるアーティストのコンサートビデオを見て、ステージと客席が一体となっている風景に魅せられ歌手を志した。中学に入るとオーディションを受けたが落選。剣道部に所属し、連日竹刀を振る一方で、歌手への思いは募るばかりだった。ボイストレーニングの類はしたことがなく、練習はもっぱらカラオケボックス。十八番の「津軽海峡冬景色」をはじめ、洋楽邦楽問わず、歌っては録音し、オリジナルと聞き比べて徹底研究。高校に入ると、デモテープを作ってはレコード会社に送り続け、デビューのチャンスをつかんだ。

 00年から3年連続してNHK「紅白歌合戦」に出場。その後も稲垣潤一とカヴァー曲をリリースしたり、アコースティックライブを行うなど、メジャーシーンとは違う場での活躍が目立つ。

[ 2011年4月24日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:07月16日11時〜12時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル