テレ東「警察密着24時」終了 放送内容に誤り…過剰な演出も 石川社長「もうやめます」

[ 2024年5月31日 04:50 ]

テレビ東京外観
Photo By 提供写真

 テレビ東京は30日、約20年間放送されている特番「激録・警察密着24時!!」の制作を中止すると発表した。放送内容に事実誤認など複数の問題があり、石川一郎社長は定例会見で「もうやめます」と終了を明言。「プロがきちんと処理すべきものをしなかった。視聴者に誤解を与え関係者の名誉を深く傷つけた」として謝罪した。

 番組は外部の制作会社が作成し、昨年3月に放送。アニメ「鬼滅の刃」に絡む不正競争防止法違反事件を取り上げた。4人が逮捕されたと放送したが、その後3人が不起訴になったことには言及しなかった。4人について「逆ギレ」や「今度は泣き落とし」といったナレーションをつける過剰な演出もあった。

 再現映像に「再現」のテロップを入れなかったことも問題視。長田隆常務は「事実と異なる内容を作り出したり、事実を曲げたりということは一切ない」と説明し、やらせには当たらないとした。再発防止のため、番組制作に関わる全職員を対象に研修を実施する。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月31日のニュース