×

松下洸平、絵がうますぎる! 「やんごとなき一族」の“別バージョン”披露 「このタッチが洸平さん」の声

[ 2022年6月24日 21:30 ]

松下洸平インスタグラム(@kouheimatsushita_official)から

 俳優の松下洸平(35)が24日までに自身のインスタグラムを更新。自ら描いた、フジテレビ系ドラマ「やんごとなき一族」(木曜後10・00)にまつわる絵を披露し、話題となっている。

 母親が画家だったことから4歳で絵を始め、高校では美術コースで学んでいた松下。絵を描きながら自分の曲を歌う“ペインティング・シンガーソングライター”として活動していたこともあり、インスタグラムでも自身の作品を披露している。

 23日放送の「やんごとなき一族」第10話では、松下演じる深山健太が描いた家族3人の絵が登場。健太と土屋太鳳演じる妻の佐都、生まれたばかりのベビーの姿を鉛筆でササッと描いたような“味のある”絵で、佐都が「全然似てないじゃん」と笑う…という場面が描かれた。

 実はこれは松下自身の作品で、ドラマの公式ツイッターが「健太の作による家族3人の絵。実は本当に #松下洸平さんが描いたものです」とコメント。そして「松下さん画の別バージョンも存在するのですが…それは後日あらためて」と“別バージョン”の公開を匂わせていた。

 これを受けて松下は自身のインスタグラムに、健太&佐都夫妻とベビーが幸せそうにほほ笑む似顔絵を公開。丁寧に描き込まれた絵は劇中で登場したものとは全く違うタッチで、フォロワーは「洸平くんの上手いバージョンの方ですね さすがです」「このタッチが洸平さん。本編のは逆の手で描いた?」「これぞ、洸平くんのイラストだーでも、劇中のイラストも好きですよ」と絶賛。30日の最終話を前にドラマが衝撃の展開を迎えたこともあり、「この絵のように親子3人幸せになって」「来週はこのイラストのようなシーンが観たいです」「最終回は、この絵のように笑顔で終われますように」と願うコメントも届いた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年6月24日のニュース