×

渡辺名人 名人戦第4局1日目は午後に受けの強手 封じ手時点で斎藤八段が倍近い5時間6分の時間消費

[ 2022年5月19日 20:43 ]

封じ手用紙への記入を終えて対局室へ戻ってきた斎藤慎太郎八段(中)を見守る渡辺明名人(右)(日本将棋連盟提供)
Photo By 提供写真

 渡辺明名人(38)=棋王との2冠=が斎藤慎太郎八段(29)の挑戦を受ける第80期名人戦第4局は8日、山口市で始まり、午後6時半、斎藤が65手目を封じて1日目を終了した。53手目、渡辺から受けの強手が飛び出した。

 斎藤が交換した角を再度自陣に設置し、渡辺陣への成り込みと香の入手をもくろんだ。この射程を遮る銀上がりに対して、斎藤はさらに歩で銀の頭を叩いた。

 角の成り込みと香のタダ捕りを防ぐため、今度は銀の退却が自然な応手と見られたが違った。渡辺はその歩を5分の考慮で獲り、銀を進軍させたのだ。豪胆にも斎藤角の成り込みと香を手渡す手順を選び、一段飛車に構えて悠然と王を3段目へ上がった。

 その後、59手目にこの日最長1時間21分を使うなど、斎藤の時間消費が一方的に進む。「封じ手時刻になりましたので斎藤挑戦者、次の手を封じてください」。立会人の桐山清澄九段(74)の指示に、即座に「封じます」と応じた斎藤。封じ手時点でトータル2時間47分の渡辺に対し、斎藤は倍近い5時間6分を費やした。

 2日目も同所で午前9時再開される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年5月19日のニュース